早めの受診を心掛ける

性感染症は、感染しても早めに発見してしっかり治療を行なえば、ほとんどは完治が可能です。

しかし、放置しておくと他の恐ろしい病気の原因となったり、また、性感染症は治ったとしても後遺症に悩まされることもよくあるのです。

そして女性の方が後遺症が残りやすい傾向にあるようです。

近年特に若年層に増加が見られる性器クラミジアは、感染しても自覚症状が出にくいのが特徴です。

そのため感染したことがわからず、そのまま放置しているうちにだんだんと菌が身体を蝕み、症状が悪化していきます。

特に女性はそういった傾向にあり、進行すると子宮頚管炎や卵管炎などを引き起こしてしまうことにもなりかねません。

そうなると不妊症や子宮外妊娠などの原因に結び付いてくるので、早めに発見し治療しなければならないといえます。

自覚症状がないことから自分自身で感染したかどうかを見極めるのが難しいので、最も好ましいのは病院で検査を受けることでしょう。

検査の結果陽性であれば、抗生物質を投与することでほとんどは完治できますので、心当たりがあるなら一刻も早く病院へ行くことをお勧めします。

病院へ行くのは恥ずかしいなどと言っていては、取り返しのつかない事態にもなりかねませんよ。