クラビットとレボクインはどんな違いがあるのか

性感染症の抗生物質として「クラビット」は非常に効果的とされています。

そのクラビットのジェネリック医薬品として、「レボクイン」があります。

有効成分などはクラビットと同じなので、同等の効果が見られます。

クラビットは第一三共製薬から発売されています。

その有効成分であるレボフロキサシンは、1993年にニューキノロン系抗菌剤として始めて発売され、その後、実績と共に長きに亘り使用されてきました。

そして、現在はクラビットのジェネリック医薬品としてレボクインを始めとした製品がさまざまな製薬会社から販売されていまず。

感染症は細菌やウイルス、真菌(カビの一種)などの病原性微生物が体内に侵入することで発症します。

症状としては、腫れや痛み、発疹、発熱など病原菌によってさまざまです。

レボクインは特にこのような細菌に対して効果を発揮する抗菌剤、抗生物質です。

レボクインの使用方法は、基本的に経口服用です。

成人の場合、1回100mgを1日に2~3回、重症または効果が満足に得られなければ1回200mgに増やして1日3回服用します。

腸チフスやパラチフスには、1回100mgを1日4回、2週間服用し続けなければなりません。

炭疽やブルセラ症、ペスト、野兎病、Q熱などには、1回200mgを1日2~3回の服用が効果的です。

一般的にはこれらの服用方法を用いますが、この薬の有効成分であるレボフロキサシンといったキノロン系薬剤は濃度依存性であるとされます。

したがって、たとえば100mgを3回服用するより300mgを1回飲むほうが効果的であるという見解もあるようです。

クラビットもそのジェネリック医薬品であるレボクインも、従来の抗生物質よりも抗菌力に優れているという点が挙げられます。

特に細菌性感染症に絶大な効果を発揮するとされています。