クラビットとレボクインはどんな違いがあるのか

性感染症の抗生物質として「クラビット」は非常に効果的とされています。

そのクラビットのジェネリック医薬品として、「レボクイン」があります。

有効成分などはクラビットと同じなので、同等の効果が見られます。

クラビットは第一三共製薬から発売されています。

その有効成分であるレボフロキサシンは、1993年にニューキノロン系抗菌剤として始めて発売され、その後、実績と共に長きに亘り使用されてきました。

そして、現在はクラビットのジェネリック医薬品としてレボクインを始めとした製品がさまざまな製薬会社から販売されていまず。

感染症は細菌やウイルス、真菌(カビの一種)などの病原性微生物が体内に侵入することで発症します。

症状としては、腫れや痛み、発疹、発熱など病原菌によってさまざまです。

レボクインは特にこのような細菌に対して効果を発揮する抗菌剤、抗生物質です。

レボクインの使用方法は、基本的に経口服用です。

成人の場合、1回100mgを1日に2~3回、重症または効果が満足に得られなければ1回200mgに増やして1日3回服用します。

腸チフスやパラチフスには、1回100mgを1日4回、2週間服用し続けなければなりません。

炭疽やブルセラ症、ペスト、野兎病、Q熱などには、1回200mgを1日2~3回の服用が効果的です。

一般的にはこれらの服用方法を用いますが、この薬の有効成分であるレボフロキサシンといったキノロン系薬剤は濃度依存性であるとされます。

したがって、たとえば100mgを3回服用するより300mgを1回飲むほうが効果的であるという見解もあるようです。

クラビットもそのジェネリック医薬品であるレボクインも、従来の抗生物質よりも抗菌力に優れているという点が挙げられます。

特に細菌性感染症に絶大な効果を発揮するとされています。

Read More

性感染症を持ってくる浮気はダメ!

昔は、性感染症(性病)はソープランドなどの性風俗店から感染することがほとんどでした。

けれども今では、店側としても営業停止処分などの問題に発展すると大変なので従業員にきちんと検査を義務付けており、感染者が出ることはめったにありません。

それよりも、不特定多数の異性と性行為をすることに抵抗を感じない人が増えたためか、特に若者の間で性感染症が増加傾向にあります。

そんな環境の中、特定のパートナーがいるのに浮気をしたりすると、性感染症をうつされる可能性があることをしっかり理解しておきましょう。

最近の性感染症は自覚症状が出にくいため感染したことに気付かず、知らない間に他の人に広めていることも多いのです。

浮気をした本人が感染してしまうのは自業自得といえるかもしれません。

しかし、パートナーにうつってしまった場合、パートナーにすれば浮気はされるは病気をうつされるはで、まさに踏んだり蹴ったりです。

ですから、思い当たる行為をした際には、すぐに病院で検査を受けることが感染を拡げるのを防ぐには最適な方法なのです。

しかし病院に行くとパートナーにバレてしまうとか恥ずかしいという方は、インターネットで性感染症検査キットが入手できるので利用するといいでしょう。

また、治療薬である抗生物質も通販で購入が可能です。

Read More